2021-03-10

苦手意識が生まれる時


こんにちは、スピリチュアル心理カウンセラー月乃です。

もうすぐ本年度も終わりますね。

コロナ禍で大変だったのは大人だけではありません。

順応性の高い子供たちも大変な想いをしています。

昨年の春、期待に胸膨らませて小学一年生になった孫もその一人です。

二学期の終わり12月中旬になって孫が学校へ行きたがらなくなりました。

学校へ行くということの前に「学童」が嫌なのだそうです(学童がいけないと言う意味ではありません)

たぶん、日が短くなってお迎えの頃には真っ暗になり、時間が長く感じられていたのでしょう。

そこで、下校後3時間くらい、私が預かることにしました。

学校から戻ってきたら、手を洗って、一緒におやつをします。

元気に、学校でのことを話してくれます。

『めっちゃ明るい。どうして学校行きたくないのだろう』と不思議になります。

その後、宿題をします。

原因が分かりました!

孫は、勉強が出来ないと言いましょうか、頭の中がぐちゃぐちゃ思考になっていたのです。

宿題やりながら「嫌い・苦手・疲れる・分からない・楽しくない・・・」とネガティブワード連発です(汗)

書き順も、めっちゃくちゃ~~(;^_^A

その原因の一つは「左利き」だと直ぐに分かりました。

右利きだと、文字を書くのも左から右と楽な流れで書けます。

左利きだと、ストレスになりそうです。

今年はコロナウイルスの影響で一学期の授業がほどんとなくて、二学期から走りマキマキの授業も原因かと思います。

そこで、月乃は決心したのです「最初から教え直そう!」と。

“ひらがな”の書き順からやり直しです。

はじめのうちは「苦手」「分からない」を連発していました。

「苦手は、ものすごく練習してから分かることなの。いま決めることじゃないのよ」

「書き順が分かると、新しい字も自然と書けるようになるから、苦手じゃなくなるよ」

本人も意外とひらがなを簡単にクリヤー出来たのか「苦手」と言わなくなってきました。

漢字の書き方も、どうしてその形になったかを調べながら楽しく学べました。

冬休みに入ってからは、「嫌い・苦手・疲れる・分からない・楽しくない・・・」という言葉から、

「楽しい・得意・おもしろい」に変わっていきました。

勉強時間は20~30分程度、宿題をしているだけですが(;^_^A

時々「オーロラってなんで光るの?」といったことを聞いてきます。

「ばあばもよく知らないから調べてみよう!」と二人でiPhoneで調べます。

「分からないこと、知らないことがあるって楽しいよね~」

こんな感じで、月乃と孫との時間が流れて行きます。

あなたには、苦手意識がありますか?

その苦手意識はいつ生まれたのでしょう?

本当のあなたの才能はコチラでわかりますよ。

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

こちらの記事も読まれています。