2019-10-16

天災×人災の恐ろしさ

こんにちは、スピリチュアル心理カウンセラー月乃です。

台風19号による壊滅的な被害が明らかになってきています。

皆さんやご家族のみなさまはご無事でしょうか。

災害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。

近年の地球温暖化における環境の変化には、誰もが気づいていることでしょう。

以前「自然からの警鐘」という記事を書きました。

この中で“自然を敬う心を防災に組み入れていけると良いと感じました”と書きました。

19号の被害を拡大させた要因の中に堤防の決壊と堤防の未工事が問われているようです。

堤防の建設に対して“自然の景観が損なわれる”と言った意見などで検討され工事が遅れていたともあります。

自然の景観が損なわれると自然を敬う防災は似て居て非なるものです。

今回の災害には、色んな人のもくろみが交差しているように思われます。

堤防の建設にあたっては江戸時代から城主同士の力関係がありました。

力のある城主の領土側は強固な堤防が築かれ、力の弱い城主側はそれよりも高い堤防を造ることが許されませんでした。

この力関係は形をかえて現在も堤防の建設に関係しているようです(堤防の強弱は場所によって設定されているらしい。とある政治家がTVでぽろっと言ってました)

また、自然災害による被害を予測するハザードマップはとても役に立つものです。

しかし、地価が下がるのを嫌がる業者や住民のエゴにより、正確なリスク情報が100%ハザードマップに反映されないという矛盾が生じていることもあるそうです。

これらのことが善良な市民に伝わっていないことが問題です。

情報がきちんと知らされていたならば、対策はもっとあったことでしょう。

台風19号による天災は、人々のもくろみによって倍増されてしまったと感じました。

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

こちらの記事も読まれています。