2017-07-10

自然からの警鐘

こんにちは、スピリチュアル心理カウンセラー月乃です。

九州北部では、活発な梅雨前線の影響で記録的な大雨が続き、水害・土砂崩れにより亡くられた方や被害に遭われた方にお悔やみとお見舞い申し上げます。

クライアントの方にもメールを致しましたが、お返事がないので無事を祈っております。

近年、日本・世界での自然災害が増加しています。

これは、自然からの警鐘であると感じています。

これだけネガティブな結果が出ているのです、人間が間違った方向へ進んでいる知らせのように思えます。

今回の災害をより甚大にした要因が、土砂崩れにより樹木が橋げたに溜まり、川が溢れ町に流れ込んだことのようです。

技術の向上によって、壊れにくい頑丈な橋が建築されていました。

もし橋が壊れ流されていたら、このような災害は最小限に抑えることが出来たかもしれません。

私たち日本人は、自然万物に神が宿るという考え方で自然崇拝してきました。

自然と戦うというスタンスではなく、敬い聖域を分ける生き方です。

自然は農作物を与え優しく育んでくれるかと思えば、突然荒れ狂ってすべてを奪ってしまいます。

昔の人は、昔話などの言い伝えや石碑に自然の教えを残していました。

東日本大震災を引き起こした大津波から村を救った石碑があります。

「此処より下に家を建てるな」

先人の警告を刻んだ石碑の教えを守り、宮古・姉吉地区でおいて建物被害は一軒もなかったのです。

自然を敬う心を防災に組み入れていけるとよいと感じました。

  • {lang: 'ja'}
  • follow us in feedly

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

こちらの記事も読まれています。