2017-10-31

風邪薬を強要してはいけない

こんにちは、スピリチュアル心理カウンセラー月乃です。

なんだか急に寒くなりましたね。

体調を崩されてる方も多いようです。

今日のタイトルは「風邪薬を強要してはいけない」です。

でも本当の風邪薬のことではありません。

風邪薬って、風邪に有効な薬がないことをご存じですか?

市販の風邪薬には複数の症状に対応した薬が配合されています。

ですから、症状によっては副作用が強く生じ、逆効果になることがあります。

この風邪薬を飲ませる(飲む)ことが心理的にあります。

人は欲張りです。

「うちの子は国語は、できるけど算数が苦手だから算数を勉強させます」

一見理にかなってますが、「こころ」が無視されています。

嫌いな算数をいっぱいさせられたら、副作用で勉強そのものが嫌いになりかねません。

これを私は「こころの風邪薬」と言っています

風邪薬を飲ませるよりも、できる国語をいっぱい褒めてあげることが大切なのです。

褒められることは「自分を受け入れてくれている」「自分は認められている」と認識します。

とても暖かい言葉です。

絵具はいろんな色を混ぜ合わせると、ドブネズミ色になります。

光は、いろんな色を合わせえると、無色透明になります。

是非、お子さんの個性を伸ばしてあげて下さい。

きっと個性的で美しいこころのお子さんに成長します。

これは、子育てのお話だけではありません。

あなたは『あれができない』『私なんて』と思っていませんか?

これは、自分で風邪薬を強要しているようなものです。

大人になったあなたが、ドブネズミ色っぽくなったり、透明人間になっていると感じていたとしても、あなたらしい美しい色を見つけられます。

  • {lang: 'ja'}
  • follow us in feedly

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

こちらの記事も読まれています。