toggle
2015-07-07

七夕と親ごころ

今日は7月7日七夕です。

やっぱり雨です。

毎年7月7日は雨になって晴れた日を覚えていません。

梅雨ですから・・・

本来7月7日は旧暦なので、今年は西暦の7月22日になります。

その頃には梅雨も明けて美しい星空が見えそうですね。

七夕のお話覚えていますか?

大人になって読んでみると違った感想をもちました。

こんなお話でした。

「天帝の娘の織女は、機を織るのが仕事です。

しかし天帝は、仕事ばかりする織女を心配し て天の川の向かい岸にいる牽牛と引き合わせました。

すると二人は恋に落ち、全く仕事をしなくなってしまいました。

それをみた天帝は怒り、二人を天の 川の両岸に引き離してしまいました。

二人の様子を哀れに思った天帝は、一年に一度、7月7日の夜にだけ会うことを許し ました。

7月7日に雨が降ると天の川の水が増水してわたることができないの で、カササギが二人の橋渡しをします」

といったお話です。

なにやら、空の神様も人間の親と同じですね。

自分の想ったように子供が行動しないと、いらない心配をしてコントロールする。

その結果が気に入らないと、また子供を脅したり、すかしたりしてコントロールしようとする。

このような子育ては思春期に問題が必ず浮上してきます。

七夕を、親子関係を考える日にしてもよいかもしれませんね。

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

関連記事