2021-12-19

新しい一年の始まりは冬至から

こんにちは、スピリチュアル心理カウンセラー月乃です。

昨日から寒気がやってきて寒さが急に厳しくなってきました。

我が家では大掃除も先週までに済ませましたのでホッと一息です。

22日は冬至です。

冬至は、一年で一番夜が長い日です。

冬至を過ぎると徐々に夜が短くなって日が長くなっていきます。

古代の人々にとって冬至は大切な日でした。

それらは、イギリスのストーンヘンジなどの遺跡にも表れています。

年に一度、日の出がまっすぐに照らし冬至を知らせるように造られています。

日本にも同じようなストーンサークルが存在します。

なぜ古代の人々は、冬至を知ることが重要だったのでしょう。

それは「冬至が新しい始まり」だからです。

冬至はエネルギー的に「死と再生」を意味します。

冬至には太陽のエネルギーが一番弱まり(死)、冬至を境に再生し(夏至に向かってエネルギーが強まります)

一年の起点となる日が冬至です。

自然のなかで生き抜くには「いつ植物が実るのか」「いつ動物がやってくるのか」それらを予測するために自然観察が重要だったのです。

私が子供のころは、冬至にはかぼちゃの煮物が夕食に並びました。

そして湯舟には柚が浮かべられました。

かぼちゃは、冬の野菜ではなく夏の野菜です。

長期保存ができることもあり、また夏のエネルギーをいっぱいに含んだ野菜ですので、不足した陽のエネルギーを取り込む意味もあります。

先人の知恵って素晴らしですね。

柚子は柑橘類では耐寒性に優れていることもあり「風邪をひかずに冬を越せる」と体を温める湯船に入れたのが始まりのようです。

Fairy Voiceの冬至


Fairy Voiceは自然から生まれていますので、やはり冬至は重要な一年の起点になります。

Fairy Voiceの冬至の象徴は「ヒイラギ」です。

ヒイラギは古代から魔除けや厄除けに使われてきました。

ヒイラギは「木」に「冬」と書くように、冬の到来を意味します。

そして花言葉は「先見の明」と「歓迎」

先見の明とは、先を見据える力のことです。『先見』には『物事が起こる以前に見抜くこと』

「歓迎」は太陽の復活の喜びになります。

その他の意味は説明書を参照下さい。

Fairy Voiceで一年間の先を見据えよう!

Fairy Voiceの絶対的特徴は、未来への軌道修正が出来ることです。

その力を使わずしては、もったいない!

その方法をお伝えします。

以降を閲覧するにはログインして下さい。

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

こちらの記事も読まれています。