toggle
2015-09-08

占いとカウンセリングを上手に使い分けしましょう!

● 占いとカウンセリングを上手に使い分けましょう!

 

こんにちは、月乃です。

私は、占いと、このカウンセリングを運営しています。

占いもカウンセリングも心の悩みをサポートしています。

しかし、その2つは微妙にニュアンスが違います。

『自分の悩みは、占い?カウンセリング?どちらがいいの?』

と迷ってしまった方に読んでいただきたいお話です。

占いをされる時間は10分から30分、長くて60分程度です。

占いで恋愛問題を相談される場合のご質問は

たいてい「恋愛について占って下さい」と簡単に話されます。

初めからご自分のことを積極的には話されません。

この想いは「未来は知りたいけど、あからさまに自分の悩みを話したくない」気持ちが根底におありだからです。

ある意味この「あからさに悩みを話さなくても良い」ところは占いのメリットでもあります。

では、占いで何ができるのでしょうか?

・ 性格・キャラクター・仕事・恋愛・結婚・学習・財産・社会的成功・過去生・今生の目的などを知ることができます。
・ 自分にやってきているエネルギーが分かります(これは、占星術や数秘術でみることが出来ます)
・ 今のままだと、どうなるか(自分にやってきているエネルギーをどう受け止めているかによって未来が変わります)

以上のことをふまえて、お客様にアドバイスを致します。

例えば「今の恋愛の問題は、過去の恋愛を引きずっているから起きていることなので、過去の恋愛での心の傷をまずは癒して下さい」とお話します。

その段階でお客様の反応は、二つに分かれます。

● 「あっ、そうです!そんなところがありました。なんかふっきれた気がします」

● 「そうなんですか?でもどうしたら癒すことが出来るのですか?」

上記の方の場合は、占によって気付きを得て新しい恋愛へ進むことができます。

下記の方は、占いでは気付きを得ることが出来なくて「どうしたらよいか分からない」状態です。

このような方に向いているのがカウンセリングなのです。

「言葉でアドバイスをされても、どうしたらよいか分からない」状態のお客様の多くには、潜在的なインナーチャイルドが邪魔をしています。

そのインナーチャイルドをお客様との会話を通して見つけ出し、開放していくことがカウンセリングです。

ですから、占いと違って積極的にお話していただくことが不可欠になります。

このように占いとカウンセリングは微妙に違いがありますので、上手に使い分けられると良いです。

私のカウンセリングは「占星術と数秘術」を取り入れていますので、カウンセリングと占いの融合によって、悩み解決が早く出来ます。

  • follow us in feedly

しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

関連記事