toggle
2017-07-06

オーラの色相環と人間関係


こんにちは、スピリチュアル心理カウンセラー月乃です。

皆さんは、オーラのことはご存じですね。

オーラも科学的に研究され、活用されつつあります。

その中の一つとして「ディフェンダーX」というものがあります。

“「DEFENDER-X」は、監視カメラの映像から人物の精神状態を自動で解析し、不審者を検知するシステムで、犯罪を未然に防ぐというコンセプト。

使われている技術は、体が無意識に発している振動と人の感情の相関関係をもとに、対象者がどんな心理状態にあるかを分析して導き出すことができる。

具体的には、ストレスを感じた状態、恐怖を感じた状態、攻撃性が高まった状態だということを視覚的に表示する。

利用時は、数秒の映像で不審者を検知して、危険度をリアルタイムに数値化。

あらかじめ設定している値以上の振動を検知すると赤枠で対象を特定して監視者へと通知を行う。”

というものです。

私はオーラの感情層まで見ることができます。

カウンセリング中も、ディフェンダーXと同じようにクライアントのオーラが頭の後ろに表れるのを観察してます。

クライアントが過去の憎しみや怒りの感情を放出する時は頭の周りに赤黒い光や稲妻のような光を見ることがあります。

または、コンサートなどでバイオリンの奏者が気持ちよく演奏している時は、何色もの軽やかな美しい色のシャボン玉のようなオーラがポコポコ、フワフワとあふれ出てくるのを見ます。

さて、このような特殊な心理状態のオーラの色の他に、通常の心理状態で現れるオーラの色があります。

そのオーラの色は、個人の性格・個性を表しています。

上の画像は色相環です。

色相環(hue circle)とは、色相を環状に配置したもので、色を体系化する時に用いる方法の一つです。

色は光の波長の違いによって、赤・橙・黄・緑・青・紫というように連続的に変化して知覚されます。

これを連続的に配列し円環状にしたものをいいます。

向かい合う色は、並べるとインパクトが強く落ち着かない印象になります。

また隣り合う色は、なじんで落ち着いた印象になります。

あなたのオーラがグリーンだとしましょう。

多分あなたは、平和的で、ことなかれ主義であまり人前で自分の意見を通そうとしないと思います。

そんなあなたの向かい合う色はレッドです。

レッドのオーラの人は自己主張が強く、どんな場面でも自分の意見を通そうとします。

きっとグリーンのあなたはレッドの人といると落ち着かなくて苦手と感じることでしょう。

誰とでも仲良く付き合うことは理想ですが、実際は難しいものなのです。

1対1の付き合いは難しいですが、イエローやブルー、オレンジのオーラの人たちとグループで行動することによって苦手な意識は軽減されます。

どの色のオーラだからと言って他の色よりも優れているわけでもありません。

虹のような七色があってこそ世界は美しいのです。

お互いに認め合い尊重し合う世界であって欲しいです。

オーラの色は対面カウンセリングでご希望があればお伝え致します。


しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

* エレスチャル・カウンセリングルーム

* 天使のメッセージ・ノルン

* 無料メルマガ

* 相談者さまの声

* お問合せ

・名鉄各務原線二十軒駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~19:00(不定休)
・電話080-3289-3686(月乃まで)
・予約制です。

関連記事